2009年02月10日

他人の過ち、自分の過ち

人は他人のあやまちを指摘したり、批判することは得意です。
人の行いはとくに気になるようです。しかし、人間の判断は人それぞれによってまったく違っているものです。生まれた環境や家族や国によっても違って来ます。ですから、人を批判したり、判断することは禁物です。
それに、自分の心を清らかにする仏教の目的のためには
逆効果になります。うわさ好きの人、人の批判ばかりする人は
皆から嫌われるだけです。
人の行為の善悪判断ばかりして自分の苦しみを増やす必要はありません。

仏教では他人を直すことはしません。
しかし、自分を直すことはできます。人の悪口を言い、
人を批判をすることは天につばするようなもので、すべて自分に
振りかかってくるのです。また、他人を変えようとすることは、
海の水をかい出すようなものなのです。そんなことは不可能です。
人はただ、自分のこころの状態を観て、これを徐々に清らかにするように心がけるべきです。自分の心の中に生まれる、欲、怒り、嫉妬、怠け、
などを観ながらそれを取り去ることです。自分の行動について鏡を見るがごとく良いか悪いかを見分けることです。
ありのままの心を観察すると、徐々に自分で自分の心をだますことなく、自我という殻が破れるようになり、
それによってすべての苦しみを乗り越えられるのです。
立花敏伸氏HPより





他人の過失を見るなかれ。

他人のしたこと、しなかったことを見る必要もない。

ただ、自分が何をしているのか、

していないのかを観察せよ。

          (法句経)
合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

posted by 仏光さん at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 職場の人間関係に悩んだら

2009年01月06日

職場の人間関係に悩んだら

例えば、貴方が100人の会社に勤めていたとします。その職場で人間関係に悩んでいたとすると、その解決方法は二つあります。一つ目は会社の経営者、従業員100人全員を人格者に変えるのです。二つ目は、貴方が人格者になるのです。

100人の人間を全員人格者に変えるのは大変なことです。事実上不可能です。だったら貴方が人格者になってしまう方が100倍簡単でしょう。なるほど「あいつが悪い、こいつが裏切った。」社会ですから色々あるでしょう。しかし社会の中で生きていくのにはどうしても色々な人と関わらなくてはなりません。その中には自分が憎たらしいと思う人にも長い人生出会わなければなりません。これをお釈迦様は「怨憎会苦」と言って人間の「苦」の原因の一つに数えました。2000年以上も前から人間社会にはこのようなことで苦しんでいる人が貴方だけではなくいっぱい居たのです。

人は普通自分は正しいとどこかで思っていますから、自分と合わない相手が悪いと思ってしまうのです。そして如何にその人が悪いか実例を丹念に挙げて自分の正当性を確立します。確かに社会的に悪い奴も世の中にはいっぱい居るでしょう。しかし、犯罪まで行かなくても自分と気が合わない人間は普通周りにいっぱい居ます。憎たらしいと思う人間も周りに居るでしょう。

嫌な相手を排除して好きな人だけで周りを固めてしまうことができればいいのですが、事実上それは無理です。もしそれをしてしまうと、今度は自分が社会の中で立ち行かなくなるでしょう。好きと思っていた人間もいつかは自分との違いに気がついて嫌になるかもしれません。いい奴だと思っていても裏切られることもあるでしょう。したがって、そんなことで嫌がったり、怒ったりしていても一生きりが無いのです。実際世の中の99%の人はこのきりが無いことを一生涯やり続けて人生を終わります。

ではどうすればいいのでしょう。それは自分が理想とする人格者に自分がなればいいのです。少々のことで相手にカリカリ来ない、大らかで大きい心の持ち主になる。好きな人も嫌いな人も一切合財面倒が見られる度量の持ち主になる。まあ、人によって理想は色々あると思いますが、要するに相手がどうのこうのと気にならない人格の持ち主になるのがやはり他人を人格者に育てるより、一番速くて簡単な方法なのです。

とは言っても、自分はそこまでの人格者になれないと思われるでしょう。私が実践した方法でいい方法があります。朝、目が覚めると「今日一日自分と出会う人は家族でも、職場の同僚でも、隣のおっさんでも、電車の中の他人でもみんな大事にする。」と自分に言い聞かせてそれを実行するのです。自分が今日会う人はみんな大事にして、相手の反応がどうであれ、それ以外の事は考えないようにします。こいつは好きだ。あいつは嫌いだなどと考えない。もちろん犯罪的な行為に対しては冷静に相応の対処をするだけで、相手がどうのこうのと思わないようにします。

これは私の経験上非常に有効な手段で、自分も気持ちよく一日が過ごせます。続けていくと相手の反応はいちいち気にならなくなるばかりか、皆からも自分が大事にされるようになります。特に嫌いだと思っていた相手からも援助が受けられることもあります。毎日やると効果覿面ですよ。これを毎日一生やれば、どれほどの効果と心の平穏が自分に返ってくるでしょう。考えてみてください。

posted by 仏光さん at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 職場の人間関係に悩んだら