2009年04月16日

閔子騫(びんしけん)

50番札所 繁多寺 にて   閔子騫(びんしけん)
閔子騫(びんしけん)は孔子の弟子で母親に仕えて至考であった人。
閔子騫(びんしけん)は幼くして母を亡くした。父と後の妻とその二人の連れ子と
5人暮らしとなった。後の妻はわが子を深く愛して継子(ままこ)の閔子騫(びんしけん)を憎み、
寒い冬にもわが子にはあたたかい綿入れを着せたのに、継子には蘆(あし)の穂を入れたものを
着せた。父は見るに見かねて、後の妻に離縁を迫った。その時、閔子騫(びんしけん)は
「継母が去ってしまうと3人の子は寒さに震える。今私が寒さを我慢すれば
弟二人はあたたかだろう」と父を諌(いさ)めたので、継母も反省し、隔てなく慈(いつ)くしみ、
もとの母と同じようになったという物語。継子物語は、古今東西の物語にたくさん出てくる。
その物語の円満解決は家族の語らいと、私心を調和する努力かと思われる。

● あなたがもし、末期がんで、「余命半年です」と医師からいわれたら・・・。
あなたが、医師から「アルツハイマーです。これからどんどん記憶がなくなります」といわれても、
今まで生きられたことを感謝し、残された人生を感謝の心で生き抜くことができますか?

● 弘法大師は
「きれいに咲いたあの花も時がくれば散っていく。人も同じ草でも木でもこの世の中に
変らないものは何一つとない。桜の花のように咲くときにはうんと美しく咲き
おいしい実をならせて人の為になり役目がすめばきれいに散っていく
人の世もこうでありたいものだ。いつでもできるだけのことを力いっぱいやり
人のため世のためにつくし、どんなことがおきても心配のないようにしっかりとしておく
そうすれば歳をとって、花のように散っていくことも少しも苦しみにはならないのだ」
ということを我々に教えてくれています。

★望みを一つだけ叶えてくれるとしたらあなたは何を望みますか
・・・・・・私はどんなことにも「感謝できる心」を与えて欲しいです。(心を育てる会会報より)

何事があっても感謝できる心を育てるのが禅の修行です。私は以前、もうお亡くなりになった入門当時の老師に「愚痴や不平不満で生きるのではない!感謝報恩の心で生きよ!」ときつく戒められたことがあります。その時は「でも世間で生きていたら愚痴の一つも言いたくなるよ!」と思いましたが、修行が進んでくると老師が言っていた事がよく判るようになりました。「なるほどなあ」と思います。だから今の自分に愚痴や不満が無い訳ではありませんが、やはり減りましたね。要するに自我が減ったのでしょうね。その分幸せになったと思いますよ。

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓

posted by 仏光さん at 21:22| Comment(0) | ありがとう、ありがとう
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: