2009年04月11日

自燈明、法燈明

これもまた、お釈迦さまが日々、さまざまな場で幾度となく口にされている言葉である。
「自灯明 (じとうみょう) 法灯明 (ほうとうみよう)」 (自帰依・法帰依) の教えといい、
法はいまでいう法律の法ではなく、仏の教え のこと。

そして、続けていわれたのが、 「この世において移ろい変らぬものは何一つない」 という事。
つまり、この世は無常ということだ。だから
「みずからを拠(よ)りどころとし、他を拠(よ)りどころとしてはいけない」といわれたのだ。
そして 「仏の教えを拠(よ)りどころにしなさい」と。

みずからを拠(よ)りどころとするためには、みずからが依(よ)って立たない心構えが必要だ。
といっても 「自分がいちばん」 というわけではないのはもちろんである。
むずかしいことではあるが、地に足をつけ、すくっと立っていたい。

お釈迦さまは 「頼りになるのは自分であるぞ」 と教えられました。
他人を拠り所にしたのでは、その他人から見放されれば、
あるいは、その人がいなくなってしまえば、途方にくれるほかありません。
あくまでも 自分で立ち、自分で歩まなければいけないよ、と諭(さと)されたのです。

法灯明 とは 「法を灯明とし、法を拠(よ)り所としなさい」 という意味です。
自分は何を拠(よ)り所にして生きればいいのか。「法」よりほかはない。
「真理」よりほかにはない。他を拠り所にしてはならないよ、とお教えになったのです。

法 とはお釈迦さまの教えであり、仏の教え、即ち 仏教という真理 を意味します。(立花敏伸氏HPより)

心が弱ると人や他を頼りにしたくなるものです。しかし、それでは頼りにしている人や会社がこけると自分もこけることになります。本来は自分自身を頼りにしなければなりません。それを深く自覚して自分ができる事をこつこつ行うことが大地に足がついた、裸一貫になっても大丈夫な自分を作り上げます。

でも、それだけでは独りよがりになる可能性も有るので、お釈迦様は真理をよりどころにせよと言われたのです。何が真理なのか正しい教えを受けることも大事ですね。私は釈迦の教えがなるほど正しいと思っていますよ。「千里の道も一歩から」まず自分のできる範囲から自燈明、法燈明を始めましょう。

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓
posted by 仏光さん at 22:14| Comment(4) | お釈迦様
この記事へのコメント

 自分の出来る事は自分でする
 どうしても
 自分の力では無理のときは
 人にお願いする・・・
 そして もし余力があれば
 人の手助けをする

 生きているから 叶うことに
 感謝します

 いつも ほんとうに 良いお言葉
 ありがとうございます!
Posted by さらさら at 2009年04月12日 19:46
今、東京の道場での修行を終えて帰ってきました。そうですね。何でもかんでも自分ではできません。大事な事は最初から人の助けを当てにしないことです。何事も最終的には自分次第です。お互いこの事を心に刻んで精進して行きましょう。

合掌

仏光
Posted by 仏光 at 2009年04月13日 13:23

 きょう ひさしぶりに見た自分の顔に
 びっくり! 顔はこころがそのまま出る
 ところだから 毎日仏光さんの心の
 トレーニングで 自分に笑顔のプレゼントして
 変わっていきたいです!
 
Posted by さらさら at 2009年04月13日 19:56
びっくりとはいったいどんな顔をしておられたのですか?笑顔に勝る良い顔はないですね。

合掌

仏光
Posted by 仏光 at 2009年04月13日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: