2009年04月09日

自分がいつも正しいとは限らない

普通人間は自然に自分が正しいと思うようにできているみたいです。それ自体に何ら問題はありません。自分はいつも間違っていると思うほうがよほど問題があります。しかし、自分は常に正しいとは限りません。ところが社会では自分が常に正しいと思っている人が案外多いのです。

特に立派な肩書きができてくると、「自分はあなた達よりか正しいから、このようにあなた達より立派な肩書きと収入があるのですよ。」と意識しないまでも潜在的に思うようになります。みんながみんなという事ではないですが、このような人は案外多いですね。

私は仕事で新幹線をよく使いますが、車内の会社員の人達の会話は大概の場合自分の会社の話で、誰がどうだとか、あの部署はこうだとかず〜と話し込んでいるのが聞こえてきます。人の会社の話など私には全く興味は無いのですが、話している人の基本スタンスに共通性があるのは面白いと思います。

殆どの人が如何に相手や会社が間違っていて、自分が如何に正しいかを直接的、間接的に話している会話が殆どです。「俺がやればもっとできるのに、あの部署はああだからだめなんだ。」という類の話です。私は今まで「いや〜、間違っていたのは自分です。やはりあの人のほうが正しかった。私のせいで大変皆さんにご迷惑をかけた。申し訳ないと反省しています。」なんて話は電車の中で余り聞いた事はありませんね。

私も最近自分が正しいと思い込んでいたことが、実は自分が間違った考えをしていたと反省したことがあります。半信半疑で相手の言っている事の事実確認をしたら、相手の言っていることが正しくて自分が間違っていました。だから、自分と意見が違ってもすぐに相手を否定するのではなく、相手の話は一応よく聞いてみることです。人間であれば、いつも必ず正しいなんて事はありません。「自分はいつも正しい」と思い込むのはその人の自我が出ているだけだと思いますね。

「自分は正しいと信じて生きてはいるけれど、常に正しいとは限らない」と認識するのが人としてすごく妥当なところだと思います。
こういうスタンスでいると余り人と争いにはなりませんね。やはり、相手の話もきっちり聞くようになりますから。「俺は正しいんだ!」と言い張るよりかは、よほど平和的で効果的な結果が得られます。

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓

posted by 仏光さん at 22:18| Comment(3) | 物事は必ず好転する
この記事へのコメント

 待てる心を育ててます
 出来るだけ 色をつけず
 仏光さんが言われるように
 耳をかたむけ 良く聴くように
 こころがけています!

そして 時折 誤解がとけたり
 違う一面がみえたり 生きているから
 ころころ 変わる 変わらない いろいろが
 味わえて しあわせにおもえます
 みなさまの おかげと感謝です!
Posted by さらさら at 2009年04月09日 23:48
まあ、パーフェクトな人間なんていないのだから、みんなお互い様かな。人の話をよく聞く事は大事なことです。

合掌

仏光
Posted by 仏光 at 2009年04月10日 06:10
昨年から妻との気持ちのすれ違いが圧倒的になり始めました。18年間自分は彼女の傲慢に我慢して来たと思い、別居を選択しました。しかし、忍従の生活から開放された筈なのに、今度は何処かしら所在のない、寂しさが忍び寄ってきます。仕事も思い通りに行っているのに何故か不安でなりません。風の様に生きたいと思っていたくせに、、心の何処かで何かに執着している自分。その事にほんの少し気が付きました。ありがとうございます。
Posted by T.K.C at 2013年06月05日 19:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: