2009年04月01日

怒らないと物事はうまく行く

私達はよく心に怒りの感情が芽生えます。何か気に入らないと怒りの感情が出る人が多いです。最近では怒ることを「切れる」といいますが、「切れる若者が増えている」なんて記事を新聞などでよく見ます。

人間の怒りの感情は、自分が「こうでなければいけない」と思っている事に対して、思った通りにならないことが事が起こったり、相手が自分の思っている通りに動いてくれない時に出てきます。

よく怒る人は、「こうでなければいけない」とか「こうあって欲しい」という思いが強いのですね。これ自体は悪い事では無いのですが、それを周りに期待したり強要する気持ちが無意識にでもあると、怒りの感情が芽生えてきます。

しかし、よく考えてみると怒って良い事は一つもありません。まず感情が高ぶっているので良い判断ができないですよね。自分の気分は悪く、周りの気分も悪くなります。怒る事によって周りはしぶしぶ貴方の言うことを聞くかもしれません。でも、貴方に対する嫌な思いはその人の脳裏に刻まれます。

中には一旦怒り出すとなかなか自分で止められない人もいます。また、すぐにカッとなる人もいます。要するにこのような人は「自我」が強すぎるのです。自分中心の考え、感情が強すぎるのですね。親に怒られて育った人は、大きくなってから人に怒るようになります。

怒りの感情が出てきたら、一番良いのはまずその場を離れることです。そして時間を置くと落ち着きます。しかし「そんなことは判っている。それができないから困っているのだ!」という人もいます。

そのような人は、小さなメモに「さあ、私はこれから怒るぞ〜!」と書いて、怒りの感情が出てきたらそのメモを取り出して読んでください。「怒らないぞ〜」ではなく「怒るぞ〜!」です。面白いほど怒りの感情が無くなっていきますよ。

世の中怒っていてもろくな事はありません。怒っている時間は限られた人生にとって大変もったいない時間です。怒らないと物事は大変うまく行きます。最低限、怒っているよりかはうまくいきます。

せっかく一回こっきりの人生、できるだけ怒らず、ありがとう、ありがとうと感謝しながら穏やかにいきましょうや。

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓


posted by 仏光さん at 23:58| Comment(0) | ありがとう、ありがとう
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: