2009年03月27日

心を作るのは言葉、言葉は心のあらわれ (釈迦)

言葉と心

言語には、すこぶる強烈な暗示力が固有されている。
だから積極的人生の建設を志す者は
消極的な言語をたとえ戯れにも口にしてはならないのである。

具合が悪いときに具合が悪いといったら
具合が悪いのが治るかい?


正しい心を作る言葉の大切さ


私は今後かりそめにも、わが舌に悪を語らせまい。
否、一々わが言葉に注意しよう。
同時に今後私は、もはや自分の境遇や仕事を、消極的な言語や、悲観的な言葉で、批判するような言葉は使うまい。
終始、楽観と歓喜と、輝く希望と溌剌たる勇気と、平和に満ちた言葉でのみ活きよう。

これらは明治の哲学者、中村天風の言葉で、私の「心のトレーニングマニュアル」に取り入れています。私はこれを実践しています。腹が立つこともあるし、悲しく落ち込む時も人間ならあります。しかし、自分の気分の赴くままにマイナスの言葉を発していても決して状況は良くならないのです。

だから次の言葉をよーく読んで落ち込んだ時には思い出してください。

自分は力だ

私は力だ。
力の結晶だ。
何ものにも打ち克つ力の結晶だ。
だから何ものにも負けないのだ。
病にも、運命にも、
否、あらゆるすべてのものに打ち克つ力だ。
そうだ!
強い、強い、力の結晶だ。


笑うこと

さあ今日から、努めて笑うことにしましょうや。
特に悲しいことや辛いことがあったら、
いつにもまして笑ってごらん。
悲しいこと、辛いことのほうから逃げていくから・・・・・

私はどれほどこれらの言葉で救われたことか・・・。天風先生に大感謝です。
さあ、皆さんも落ち込んでいる閑があったら笑いましょうや。笑っていれば必ず状況は好転します。辛ければ辛いほど、悲しければ悲しいほど、苦しければ苦しいほど笑うのですよ。私達は今どのような境遇にいる人でも本来「力の結晶」なのです。それに早く気づきましょうよ。どんな苦難にも打ち克つ力が本当に湧いてきますよ!

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓

posted by 仏光さん at 22:49| Comment(2) | お釈迦様
この記事へのコメント

 ほんとですね・・・笑顔がほんとうに
 こころをほどいてくれる・・・
 そして 前向きな言葉は 背中をおして
 くれる・・・
 悩んでるときは 仏光さんのいうように
 お掃除がいちばん きもちをすっきり
 させてくれる・・・

 さあーーーきょうも せっせっと
 お家磨きに こころ磨きしましょ!

Posted by さらさら at 2009年03月28日 11:09
そうそう、お掃除しましょう!いい言葉を使っておられますね。

禅堂の作務で雑草を取る時、普通の草取りとは違い、「己の心の雑念を一つ一つ取るように草を取れ!」と言われます。だから、草取りでは一時間に3uくらいしかできない時があります。でもそこには雑草のかけらもありません。これが「動中の工夫」と言って、動きの中の坐禅です。

合掌

仏光
Posted by 仏光 at 2009年03月28日 13:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: