2009年03月23日

超能力?

仏教では超能力のことを「法力」と言います。弘法大師など色々な超能力を物語る逸話も日本には結構あります。人間はどうもこの手の能力には弱いみたいですね。やはり憧れなどがあるからでしょう。特に心が弱っている時は超自然的なものにすがりたい気持ちになるものです。

確かに、病気や怪我を治す力は人間にあるみたいです。私も自己紹介に書いたようにこのような能力があります。国立大学でのこの類の能力のテストや測定にも協力しています。日本語で治療のことを「手当て」と言うのも昔このようにして人の不具合を治していたのでしょう。

しかし、このような能力は人の為に使うもので自分が得するために使うものではありません。世の中には結構こういう事を売り物にしておられる方も居ますが私は間違っていると思います。私も当初は、自分が何か特別な人間のように思えて、自己顕示欲の道具にしていた時期もありました。でも、禅の修行を続けるうちに自分の間違いに気付き大いに反省したものです。

禅で養うのは「眼力」と「道力」です。「眼力」とは真実を見極める力。「道力」とは正しい行いを実行する力です。私はちっぽけな超能力などではなく、本当に「衆生無辺誓願度」、困った人に尽くせるのは「眼力」であり「道力」であると気付きました。いくら「法力」、超能力があっても「眼力」と「道力」には遠く及びませんね。

神話ではなく、実際の歴史の中で一人の人間の超能力が大きく人々に貢献したという事実は私の知る限りありません。歴史を作ってきたのは人々の「思い」です。お釈迦様もそのような能力があったみたいですが、こんなものは余り重要ではないと言っておられます。まあ、基本的には「どうでもよい」と。

孫悟空が自分の超能力を自慢して、雲に乗って果てしない所まで飛んでいき、雲から突き出ている柱に自分の名前を書いたら、実はお釈迦様の中指だったという話を知っている方も多くおられるでしょう。結局その程度のものなのですね。

不安な時代だからこそ「眼力」と「道力」を各々がそれなりに鍛えていかなければいけないと思いますね。たとえ超自然的な能力があったとしても、人の「善の心」には遠く及ばないのです。人の心には計り知れないパワーが秘められています。早くそれに気付いて信じることです。困っている人が居れば、自分ができる事をする。一人の人を助ける方が、超能力をひけらかしているより、よほど尊いのです。やはり鍛え抜かれた「眼力」と「道力」に勝る超能力は無いみたいですね。

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓

posted by 仏光さん at 22:49| Comment(2) | 人間の煩悩
この記事へのコメント

 いま 経済破壊で軸が狂っている中
 仏光さんのように 眼力 道力 そして
 法力を持ち備えた人がいて 善のこころで
 生きておられる!
 そんな きもちが万人に行き渡れば
 みんなで しあわせになれる気がします
 こころから 願います!
 いつも どんなときも かわらず
 見守っていただき本当にありがとうございます
 
Posted by さらさら at 2009年03月24日 00:02
私の眼力、道力なんてまだまだですよ。大した事はありません。だから毎日こつこつ坐禅で精進しなければいけませんね。禅道場では真の眼力、道力を兼ね備えた老師が目の前に居るわけですから、自分の至らなさを確認しに行っている様なものです。少しでも近づきたいと思うわけですね。

さらさらさんにはいつもコメントを頂きありがとうございます。このブログを続けていくのに大変励みになっています。早く元気になられることを心から願っています。

合掌

仏光
Posted by 仏光 at 2009年03月24日 06:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: