2009年03月14日

心で生きる

私が若い頃は幸せとはその人が置かれている立場、条件の中に有ると思っていました。

「社長になって、お金や地位があって、自慢できる家族がいて、大きな家があって・・・・・」その中に幸せが有ると思っていました。

でも、それは大きな、大きな間違いでした。

人間はいくら財産や地位があっても、心が貧しくては決して幸せは感じられないのです。

物質的には貧しくても心が豊かであればいつも幸せな気持ちで穏やかに暮らすことができます。

そう、幸せは自分が置かれた立場や条件の中には無く、自分の心の中にあったのですね。

いくら自分が置かれた状況が厳しくても、心の置き所一つで同じ景色が地獄にもなり極楽にもなる。

心豊かに生きることが如何に大切か、今半世紀にわたる自分の人生を振り返り、しみじみと良い事に気づいたと思いますよ。

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓


posted by 仏光さん at 22:30| Comment(0) | 物事は必ず好転する
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: