2009年02月20日

仏様の物差し

私達は人間関係で悩み苦しみます。相手に対して、
憎しみや怒りを覚えることもありますが、人は、
それぞれにエゴイズムに基づいた物差しをもっています。
われわれはそのような利己的な物差しは捨ててしまって、
仏様の物差しでものを見なくてはなりません。
というのが仏教の教えです。しかし、人間の物差しを
完全に捨ててしまうことはできません。そんなことを
すれば、わたしたちはこの現実社会で生きてはいけません。
でも、かといって、人間の物差しだけでよいかといえば、
それは違います。わたしたちは人間の物差しのほかに、
仏様の物差しを持ちなさいというのが、仏教の教えです。
仏様の物差しは 慈悲のこころ を持った物差しです。

今私たちに一番欠けているものではないでしょうか。
自分と同じと思うから、相手の言動が気にいらないと
傷ついたり悩んだりするのです。みんな、それぞれの
心の世界が違うということが解ると、相手を責める気持ちは減少します。
自分が成長していく過程において、
その時々にふさわしい善き人達との出会いがあります。
すべての出会いは、自分を成長させていく上で
大切な人たちです。

※慈悲心・・・相手を思いやる心 立花敏伸氏HPより

本当に「人間万事塞翁が馬」です。良いと思っていた人が豹変したり、嫌な人とも人生の中では遭わなくてはなりません。でも、そのお陰で学ぶことも多いでしょう。
私は「自燈明、法燈明」という言葉を嫌だなと思う状況の中で学びました。「人を頼りにするな、自分を頼りにせよ。仏法を自分の行く道の拠り所とせよ。」ということですが、自分が人を頼りにして嫌な目にあって、苦しんだ後に初めて知識ではなく肌身で分かったことです。こうなると嫌だなと思っていた人は、私が気づいた瞬間から私の恩人になりました。

もちろんその人はそれに気づくすべも無いでしょう。でも、私にとっては大変大きな悟りでした。だから良い事、悪い事などは無く何に対してでも感謝なのですね。

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓




posted by 仏光さん at 23:44| Comment(2) | 人生を楽に過ごす方法
この記事へのコメント

 仏光さん・・お返事ありがとうございます

 それと わたしが返事がないと心配すると

 思い いつもお気遣いいただき ほんとうに

 感謝の気持ちでいっぱいです
 
 わたしは 自分の苦しみだけに縛られて

 せっかくの気持ちを台無しにしてしまいそうに

 なるけど 踏ん張って やれることをします

 あーー強い心と身体になりたい

 
 
Posted by さらさら at 2009年02月21日 15:01
今、禅堂から下山してきました。そうですね、この世に一人でも私のブログを頼りに生きている人がいると思うと、おろそかにする気にはなりませんね。
でも、貴方は僕のことを気遣う心配は要りませんよ。これら全ての事は僕にとって修行なのです。さらさらさんのお陰で大変良い修行をさせてもらっていますね。ありがとうございます。

合掌
仏光
Posted by 仏光 at 2009年02月22日 18:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: