2009年01月28日

釈迦の教え 刹那主義 (せつなしゅぎ) とは

★ お釈迦様が弟子に、こう聞かれました
「お釈迦さまは神通力にすぐれ、人の前世や来世が
見えるとの事ですが、私の前世は何でしょうか?」
お釈迦様はこう答えたそうです。
「そんなことは考えなくてよいから、今日(こんにち)
ただ今、この刹那(せつな) を大事にして生きなさい」
★ お釈迦様が使ったこの刹那(せつな) というのは、
今の一瞬一瞬のこと。現代では「刹那主義」といえば
「今さえよければ後はどうなってもいいと思うこと」
との意味ですが、本来の「刹那主義」とは
「一瞬一瞬を 大事にして生きる」 ことです。そして、
今、目の前の人を抱きしめること、その人に最大限
自分の笑顔を向けること、「私の」持っている言葉と
して温かいもの、人をやさしい気持ちにするもの、
思いやりに満ちたもの、励ますもの、勇気付けるもの、
どんなにひどいことをされても、心を安らげる
言葉遣いを実践することです。
★ 人間が本当に心の底から幸せを感じられるのは、
喜ばれた時です。喜ばれると嬉しい。
喜ばれる存在になることが価値ある人間です。
立花敏伸氏HPより

私たちにとって本当に確かなのは今しかありません。次の瞬間は不確かなのです。実際にテレビを見ていると色々な事件や事故、災害が毎日起こっています。秋葉原の事件も記憶に新しいですね。誰があの日、秋葉原に行って自分が事件に遭うと思っていたでしょう。

このように人間には次の瞬間自分がどうなるのかは分からないのです。だからこそ今を大事に生きるのですね。次の瞬間は私にも分かりません。私はもし次の瞬間死ぬのであれば、その前の瞬間まで人に喜ばれる存在でありたいと願っています。

合掌
仏光

ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー


posted by 仏光さん at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 真剣に一日生きる
この記事へのコメント

 またまた やっちゃいました・・・

 食事のとき 父の行儀の悪さに 

 真っ向から 批判して あれやこれや

 怒り・・・せっかくのごはんが台無し

 
 人に優しくなんて 理想をかかげても

 相反した行いばかり・・・

 自分の弱さにおちこんでしまいます


ずどーんと 落ち込んだ分

   明日は 自分の押し付けではない

  気持ちで 父に向き合いたいです

 失敗 失敗ばかりの毎日ですが

 明日はきょうより 元気なわたしになります


 

 
 
Posted by さらさら at 2009年01月29日 00:25
大丈夫、大丈夫!カード見てください。プラスの言葉を使ってください。七転び八起きです。気にしない。気にしない。

合掌
仏光
Posted by 仏光 at 2009年01月29日 00:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26034732

この記事へのトラックバック