2009年01月15日

風流な人

風流な人
(迷ったときは動かない)

(小林正観著 幸せの宇宙構造より引用)

よくいろんな人に質問をされますが、
「こういう場合にはどうしたらいいだろうか。
今こういう状態なのだけれど、やった方がいいだろうか。
やらないほうがいいだろうか」というようなことです。そのようなとき、
私はいつも答えます「風が吹いてますか、川が流れていますか」と。
風が吹いているとか川が流れているというのは、自分の好みとは
関係なく、「それはあなたがやった方がいいですよ」と言うように
風が吹いているか、あるいは、川が流れて自分をそのように押し流して
くれているか、という意味です。もし、自分の意志とは関係なく、
そういう方向性が流れてないという場合には、新しいことを
( 自分がやりたいうと思ったことでも ) なるべくやらない方がよいよう
に思います。逆に、なんとなくそちらの方に流されている、あるいは、
やる羽目になっているようだ、と言う場合にはやった方がよいと
思います。そのひとつひとつのことについて自分の好きだ、嫌いだ
という自我をなくすこと、それが、神や仏のメッセージを聞くことの
ような気がします。それに従ってやっていくことが、人生を楽にし、
楽しくするようです。そういう人を私は「風流な人」と呼ぶことに
しました。「私」の好き嫌いでものを選ばず、社会的に、宇宙的に、
ある方向を指し示されていると感じた場合に、是非そちらに
足を踏み入れてみてください。大変楽しい人生が展開するはずです。

posted by 仏光さん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生を楽に過ごす方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25541198

この記事へのトラックバック