2009年04月13日

相手を大事にする

このブログで言葉の大切さを何回も書いてきました。言葉はその人の態度となり、心構えとなり、その人の人生を創って行きます。
今日、私は仕事でアシスタントの募集を開始したのですが多くの人からお電話を頂きました。

もちろんその人達は仕事を求めているわけですから、その人なりに一生懸命良い所を出そうとされます。もちろん私も逆の立場ならそうするでしょう。電話ですからその人の表情はわかりません。言葉だけのコミュニケーションになるわけですが、その人の人となりが会ってもいないのに不思議とわかりますね。

受付アシスタント業務ですから、専門的な知識の話は一切しません。人柄で選ぼうと思っていましたから、「この人はどんな人だろう?」と思いながら話していました。一応電話を頂いた方には皆さん面接をするようにしました。

私が心がけたのはまだ会ってもいない初めて電話をくれた方々に誠意のこ持った言葉で対応することでした。そうすると皆さん安心されるのか色々な質問をしたり、家庭の事情を話してくれたりします。私には余計その人の人柄が判るようになります。

雇う雇わないは面接しないと最終的には判りませんが、私のアシスタントとして良い人だなと思ったのはほんの数人でした。皆さん使っている言葉はほぼ同じような言葉ですが、同じせりふを言ってもこちらは全く違う印象を受けるのです。「何故同じような言葉を使っているのにこんなに違うのだろう?」少し考えてみました。

私が良いなと思った人達は、共通してまず私の事を気遣っているのが判りました。今の世相の中で仕事を探すのは結構大変だとは思います。皆さんこの仕事が欲しいのです。でも、「仕事が欲しい」と自分の都合を思う以上にまずは相手のことを気遣う姿勢が普段から身に染みているのでしょうね。こういう人は多分私のお客さんに対しても同じように気遣ってくれるだろうなと思います。

いくら丁寧な言葉を使っても普段の自分は隠せないものです。よく就職するのに面接マニュアルを読んでいる人がいますが、面接する側にとってはそんなものはすぐに見破れるし、一生懸命マニュアル通りにしようとしている姿は滑稽にすら見えるときもあります。

私は仕事に限らず世の中を生きていく上で「相手を大事にする」心の姿勢が結果的には一番自分を助けるのではないかと思います。私は前にブログで「その日自分が会う人は赤の他人でも大事にする」という話をしましたが、普段からこのような心がけでいると必ず結果的には自分を救うことになるのだなと、今回の募集を通して逆の立場から思いました。皆さんももう一度この事を振り返ってみたらどうでしょう。いつかは自分を救うことになると思いますよ。

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓