2009年04月07日

辛さ、悲しさを潜在意識で変える(2)

一昨日ほど前、「私たちの考え、行動は私たちの意識には出てこない潜在意識によって殆どの部分がコントロールされていると考えていいみたいです」という話をしました。今日はそのつづきを書きたいと思います。

まず潜在意識で辛さ、悲しさなどの意識のベースを変えるのに下記の寝る時の心得を書きました。

寝る時の心得 (心のトレーニングから抜粋)
1)
「腹が立つこと」『悲しいこと『辛いこと』『心配なこと』など消極的な言葉で作られる概念は決して寝床に持ち込まない。考えれば考えるほど『楽しくなること』を思い浮かべて寝る事。
2)
寝る前に鏡の前で自分の顔に向かって、自分のなりたい状態を命令的な言葉で話す。たとえば『お前はもっと元気になる!』『お前はもっと信念が強くなる!』『お前はどんな状況でも笑って生きるようになる!』などと発声する。
・ 真剣に命令すること。
・ つぶやきくらいの声でよい。
・ 一回だけ命令すること。(2度3度と繰り返さない)
・ 命令事項は一つだけにすること。
・ 命令したことが現実化するまで命令を変えてはいけない。
・ 寝る直前にするのが効果的。

そして起きる時は次のことを実行してください。

目覚めの心得
前夜命令したことをすでに具体化された状態で断定した言葉で表現する。たとえば『お前はもっと元気になる』と命令したら、それを『今日私はもっと元気になった!』と自分に聞こえるように言う。
・ 目覚めた直後に言うこと。
・ 鏡を見ても見なくても良い。
・ 一日中回数を多く言うほうが良い。

これは何をしているかというと、自分が思い描く穏やかで幸せな状態を自分の潜在意識に刷り込むために、正しい言葉で自己暗示をかけるのです。一旦自分の幸せな状態が潜在意識に刷り込まれると、われわれが元々持っている「大いなる力」が発揮され思い描いた状態が実現していきます。

私達の潜在能力には計り知れないものがあります。それを自由に使えるようになると、今はどのような状態であっても素晴らしい道が開けていきます。その計り知れない人間の大いなる力を引き出すのが自分の潜在意識なのですね。

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓


posted by 仏光さん at 21:27| Comment(2) | 人生を楽に過ごす方法