2009年04月05日

恨みの心は持たない

恨みの心ほど人間にとって破壊的な心は無いでしょう。中には復讐のために一生を台無しにする人もいます。復讐は復讐の連鎖を呼び、終わることがありません。イランとイラクはず〜と戦争状態にありますが、これは過去2000年以上のペルシャ民族とアラブ民族の争いの続きなのです。可哀想に延べ何百万の人がこの争いにより死んだことか。

個人でも、意地悪されたり、身内を殺されたりしたら恨みの心がめらめらと湧き上がり、「あいつをやっつけないと気がすまない!仕返しをしないと気がすまない!」ということになります。また、それが当たり前だと思われている時もあります。だから人間は2000年以上も報復の繰り返しの戦争を続けたりしています。何を隠そう、私も昔はそういう人間でした。

しかし、真理は恨みの心を持っている間は決して幸せにはなりません。復讐は復讐の連鎖を呼び終わるところがありません。不正義な事があれば、それは淡々と白日の下に皆が見えるようにしなければなりません。しかし、それをしている個人に対して恨みの気持ちや仕返しの気持ちを持つことは不要です。なぜなら恨みの心は相手より貴方をより多く痛めつけますから。これは天に向かってつばを吐くようなものです。いつかは自分に返ってきます。

約束を破ったり、人を陥れたり、恩を仇で返したり平気でする人間も居るでしょう。しかし、正義は勇気を持って公平に実行しなければなりませんが、その人間を恨むことや罰する事は必要のないことです。そんなことで自分のかけがえのない一生を台無しにしてはいけないのですね。

その人に対する罰は天に任せて置けばいいのです。貴方は貴方のしなければならない事をして人生を幸せに生きねばなりません。実際にこれは頭でわかっても実行するのは至難の業ですね。でも、恨み=不幸がよく理解できれば、そんなに努力しなくても実行できます。

「人を恨んで穴二つ」という言葉があります。双方とも墓穴を掘るという事です。自分がどんな目に遭おうとも勇気を持って不正義は証明しなければなりませんが、決して人を恨んではいけないのです。罰は天に任せて、自分はあっさりくだらない事は忘れましょう。同じ人生の時間を使うなら、恨みより幸せのために使った方が百万倍以上価値がありますから。

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓
posted by 仏光さん at 22:20| Comment(2) | 怒りは病の元