2009年04月04日

やはり言葉は大事だな

仕事上である人に「貴方はなかなかビジネスセンスがありますね」と言った上で、ある用件に関して「忌憚のない意見を聞かせてください。」と言ったらどう考えても好き勝手な意見を書いたメールを送ってきました。それまでは、それなりに常識的な人かなと思っていましたが、いっぺんにその人に対する私の評価は変わりました。

多分、私が褒めたのでちょっと本人はいい気になったのだと思います。そんなつもりで褒めたのつもりはなかったのですが、その人の内面がポロッと出た瞬間でした。同じ意見を言うにも、やはり使う言葉を考えないといけないなと反面教師として自分を戒めました。

私達は知らず知らずのうちに同じようなことをしているのではないでしょうか?「自分」という自我が強いと、私はこうだああだと言い出します。言葉というのは本当に大事です。相手を傷つけない言葉を使う訓練をすると、そのうち相手を傷つけない人間になります。周りを見て「まあこんなものくらいだろう。」と自分を合わせていると、いつかボロがでます。普段からの人間を磨く精進が大事ですね。

ただ、世の中では自分は傷つけない人になっても、相手が同じようなことを貴方にするとは限りません。人を傷つけてもなんとも思わない人間は大勢居ます。そういう場合、怒るのではなく気にしないで放っておいたらいいのです。色々な人間がいるのですから。仕返しをしようなんて思う必要はありません。きりがありませんから。何しろ気にしない。気にならない。そういう自分を良い言葉を使いながら作る。これが大事だと思いますよ。

合掌

仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓