2009年04月03日

辛さ、悲しさを潜在意識で変える

私たちの考え、行動は私たちの意識には出てこない潜在意識によって殆どの部分がコントロールされていると考えていいみたいです。潜在意識の中に「辛さ」「怒り」「悲しみ」などが根強く色々な形で刷り込まれていると、やはりその人の思考パターンや行動パターンは「辛さ、怒り、悲しみ」がベースとなってきます。

普通は意識が働くので社会に出ている時は、他人を意識して「良い人、楽しそうな人」になれるのですが、本人が一人になった時、または自分にとって都合が悪くなっていくとだんだんその人の本質が現れます。何事もない時は殆どの人は良い人になれるのですが、その人の本質を見極めるには、もしくは自分の本質を見極めるには、追い込まれていざとなった時にどの様な思考パターン、行動パターンを取るかを見ていればよく判ります。

人間は得てして意識的に作り上げた自分を自分と思い込んでいますから、いざとならないと本人も自分の本性が判らないのです。

そこで、消極的な潜在意識を積極的なものに変えていくには普段の言葉使いとともに寝る時に注意すれば、自分で変えていくことができます。寝ている時に潜在意識が現れる、または作られるといっても過言では無いのです。次の寝る時の心得を実行するとかなり自分が変わりますよ。ただ、潜在意識は、反復によって変わっていくので、続けないと余り意味がありません。

寝る時の心得 (心のトレーニングから抜粋)
1)
「腹が立つこと」『悲しいこと『辛いこと』『心配なこと』など消極的な言葉で作られる概念は決して寝床に持ち込まない。考えれば考えるほど『楽しくなること』を思い浮かべて寝る事。
2)
寝る前に鏡の前で自分の顔に向かって、自分のなりたい状態を命令的な言葉で話す。たとえば『お前はもっと元気になる!』『お前はもっと信念が強くなる!』『お前はどんな状況でも笑って生きるようになる!』などと発声する。
・ 真剣に命令すること。
・ つぶやきくらいの声でよい。
・ 一回だけ命令すること。(2度3度と繰り返さない)
・ 命令事項は一つだけにすること。
・ 命令したことが現実化するまで命令を変えてはいけない。
・ 寝る直前にするのが効果的。

まず、これだけのことを毎日やると自分が自分が本当になりたい自分に変わっていきますね。明日は、起きた時の心得を書きたいと思います。(つづく)

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓



posted by 仏光さん at 20:52| Comment(2) | 心のトレーニング