2009年04月02日

取り越し苦労厳禁

殆どの人は、この先こうなるのではないか、ああなるのではないかとまだ現実にはなっていない将来のことを心配するのではないでしょうか。私も心配しそうになる時があります。でも、これは全く無駄なことです。心配してもしなくても未来の事は誰にも判らないのです。

一旦心配が始まると心配の無限ループにはまり込んで、猜疑心が強くなったり、落ち込んだりします。これは心配を通して脳が悲惨な状態のシュミレーションをしているうちに、脳に浮かぶ情景や考えが現実に起こりうるものと脳が判断し始めるからです。

要するに現実には起こっていないのだけど貴方の脳の中では起こっている事になります。これはバーチャルリアリティー、「架空の現実」なのです。同じ架空なら自分が面白いシュミレーションを自分の脳の中でしたらいいのですね。

だから、寝る前には取り越し苦労をしないで、考えれば考えるほど楽しくなることを想って寝ることです。寝ている間に考えが潜在意識に入り込んでいきますから。

よほどの超能力がない限りは我々凡人はこう考えていればいいと思います。

「過去の事は忘れなさい。過去はもう済んだことです。何万回考えても過去は変わりません。」

「未来のことも忘れなさい。未来はまだ来ていないのです。誰も未来がどうなるかはわかりません。」

「はっきりしているのは今、この瞬間だけです。今、自分の持てる体力と知力からなる能力を出し切りましょうよ。やはり我々にはそれが最善の策です。」

結局、「般若心経」が言っていることもこういう事だと私は思いますね。

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓
posted by 仏光さん at 22:17| Comment(2) | 空の心