2009年03月28日

心を磨くとは、周囲に感謝し、人に喜ばれる存在になる。(釈迦)

私達は一日に心の底から何回感謝しているでしょう。このように世の中が不景気なってくると、よく愚痴を言っている人は見かけますが、感謝している人を見るのが少なくなったような気がします。

白隠禅師が作った坐禅和讃に、「六趣輪廻の因縁は、己が愚痴の闇路なり。闇路に闇路を踏みそえて、いつか生死を離るべき」という一段があります。

要するに「愚痴を言っている間はこの世の地獄だよ。そんなことは人生が終わる前に早く止めようよ。」と言っているのですね。私もそう思います。

愚痴を言って状況がよくなるなら、朝から晩まで愚痴を言い続けたらいいのですが、必ず状況はもっと悪くなります。でも愚痴を言いたくなる心境も判らないでもありません。

私はこう思ったらいいと思います。自分に試練が与えられると自分を鍛えるために天が用意してくれた心の授業なのだと。人生がうまく行かないと悲観的な気持ちになりますが、授業だと思うと「さあさあ、天は次に何を私に教えようとしているのかな?」と思えます。自分で問題を解くのです。人に助けてもらって答えが間違っていると人を責める気持ちが湧いてきますから。それがまた愚痴になります。

こうなると試練も自分を鍛えて育ててくれるので感謝です。順風満帆の中で人格なんて絶対に育ちませんから。

がんの末期になると普通に息をして食べて生きていることだけで感謝の念が湧いて来ます。がんで去年亡くなった私の母親が言っていました。「収入が減ったので腹が立つ!」なんてそのような状態では思うことは絶対ありません。普通に生きているだけでありがたいのです。思い通りに行こうと行くまいと、何があっても普通に生きていればやはり感謝でしょうね。

考えてみてください。愚痴を言って一生暮らすのと、感謝の心で一生暮らすのと、自分の一生でどちらが良いか。順風満帆では何でもうまく行くのが当たり前で、感謝の念など湧きませんよ。何に感謝したら判らない人の特効薬は死ぬほど苦労することです。普通に生きていることが何よりもありがたくなります。

日常を感謝の心で暮らそうと思うと、やはり人に尽くすことですね。そうすると人も貴方に感謝します。感謝と感謝が合掌しあっているようなものです。

私は、多分これを極楽というのだと思います。それなら自分で極楽を作ることができますね。困った人がいれば自分ができる範囲で助けて、人に感謝してもらったら、感謝してくれる相手の心に感謝すればいいのですから。「心を磨く」とはこういう事でしょうね。

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓

posted by 仏光さん at 20:43| Comment(2) | お釈迦様