2009年03月18日

自分を作らない

誰でも人に良く思われたいものです。小さな子供は特にそうです。小さな子供は親、特に母親に良く思われたいのです。だから最初は親の言うとおりに良い子になろうとします。

これが自分をよく見せるために自分を作り出す始まりです。小さな子供は仕方が無いですが、大人になったらもう一度考え直した方が良いと思います。私達は学校に行った時、社会に出た時、敏感に自分が所属する集団が何を求めているかを感じ取ります。そして、それに自分を合わせていこうと無意識に思うのです。合わないとグレたりします。

でも、そうして自分を作っていく間に本当の自分と作り上げた自分のイメージとの間にギャップが生まれてきます。英語ではセルフイメージと言っていますが、「周りから見られた時の自分を作り出し、それを保とう」という意識が働きだします。

そうすると、どんどんギャップが大きくなって、そのうち本当の自分が作り出された自分のイメージの奴隷になっていくのです。例えば「私はハイソよ!」というイメージを作ったとします。そうしたら本当は貧しかった子供の頃に食べた「たこ焼」が食べたいのだけど、イタリアンで「ピザ」にするみたいな行動を取りだします。「たこ焼なんかとんでもない。私のイメージが崩れる!」となるわけです。プライドなどは、結局はこういう類のものです。

これを意識的にやっている間はかわいいのですが、無意識にやりだすと病は深刻です。「いったい本当の自分とは何か?」というのが判らなくなります。そして、自分が作り出した自分のイメージの奴隷のまま一生を終わることになります。

可哀想な話ですね。いったい本当の自分とは何だというのが分からず奴隷の人生を生きていくのです。中には自分の作り出したイメージの自分と現実の自分とのギャップが大きすぎて、うつになっていく人もいます。

禅では本当の自分の事を「本来の面目」と表現します。臨済禅に入門すると最初の「公案」が「父母未生以前における本来の面目は如何?」です。公案とは老師との禅問答の問題みたいなものです。「お前のお父さんお母さんが生まれる前のお前はいったい何だったんだー!」という意味です。これを一生懸命坐禅しながら工夫して見つけていくのです。

本当の自分を見つけると、如何に今まで自分は自分を作っていたのかがわかります。そして普段の生活があるがままの自分の生き方に近くなっていきます。これでやっと自分が自分の主人公になれるわけです。

やはりあるがまま生きる方が楽ですね。私はそう思いました。一度皆さんも本当の自分とは何かを心の中で工夫してみてはどうでしょう。作り物の自分ではつまらん話ですよ。

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓
posted by 仏光さん at 22:47| Comment(2) | 人生を楽に過ごす方法

チャンスはピンチの顔をしてやってくる

百年に一度と云われる不況で、自分が思い描いていた人生の設計が大きく方向転換せざるを得ない人もたくさんいると思います。

その時は「大変だー!」と思うのですが大丈夫です。こんな事は人類の歴史の中で戦争や天変地異、飢饉として長い歴史の中で延べ何億人もの人達に起こっていたし、それが自分に起こっただけの話です。

そこで人生の分かれ目が出てきます。これをチャンスと取るかピンチと取るかです。皆さんこれは大変だけどチャンスなのです。まず、のほほんとしていられないので毎日真剣になります。何とかこの危機を乗り越えようと一生懸命生きるようになります。放って置けば失意でうつになる人もいるでしょうが、分からないでもないけどやはりそうなる必要はありません。

過去の危機的状況の歴史を見ると、全体から見れば亡くなる人は少しでやはり圧倒的多数が生き残り人生を続けていきます。マヤ文明は滅んだのですが人はインディオとして南米大陸に広がっています。

面白いのはこういう危機を乗り越えた後に飛躍的発展が見られることです。戦争で焼け野原になった日本が世界第二位の経済大国になるのですよ。今は不況ですが不況なりに世界第二位のままです。

これは国だけではなく個人も同じです。危機を乗り越えると実力が付き個人の飛躍的発展が見られるのです。こういう時は、がむしゃらに乗り越えなくても生き残るだけで実力がつきます。それは仕事かもしれないし、金、金、金の価値観が変わってやっと心の平穏が見つけられる価値観の土台が作られる事かもしれません。残業が減り、家族と過ごすうちに「何のために働くのか」本来の意味に気づく人もいるかもしれません。

価値観が変わると面白いですよ。例えば金や社会的地位などの価値観がゴロッと変わると、「セレブやってます」という顔をして生きている人が滑稽にすら見えてきます。私は別にお金を儲ける事が悪いと言っているのではありません。しかし、それにより自分が周りより偉いと思い出す人が多いのすね。、本人は得意満面の中にやはり不幸の種が芽生えていくから害も多いのです。たくさん儲かったら贅沢をせずに困った人へ喜捨すればいいのです。そうしたら不幸にならずに済みます。

こういう言葉があります。「チャンスはピンチの顔をしてやって来る!」ピンチの時が実はチャンスなのですが、チャンスとして自分のものにするためには自分の心を積極的な状態にしておくことですね。ピンチの時ほど積極的な良い言葉を使い、消極的なつまらん言葉は使わないことです。

いくら勇ましいことを言っても心を正しくして置く事が苦しい時にはもっと大事かも知れません。言葉は綺麗でも不正をしたり、人を傷つけていては何もなりません。

自分が苦しい時ほど周りの困っている人を助けましょう。これは結局人よりか自分が助けられることになりますから。何があっても大丈夫ですよ!人間何時からでもやり直しができます。もともと「人間本来無一物」なのですから。

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓







posted by 仏光さん at 00:06| Comment(2) | 空の心