2009年03月15日

怒り、ストレスは病気の原因

釈迦 いわく
怒りをやめて、安らかに臥(ふ)す。
怒りをなくして、悩まない。
怒りを滅ぼすことを、聖者たちは賞讃する。
ヴァトラブーよ。それを滅ぼしたならば、悩むことがないのだ。

現代の人々にとって、怒らない日を過ごすことは生きる上で大切な指針とすべき
大切なことである。怒りやイライラや不安は多くの人にストレスとなって、
様々な病気を引き起こしているからだ。心も体もその人自身の怒りと、人から怒られる
ことで生じる恨みでズタズタになって、訪ねてこられる。その人は怒り続けることで
心に罪の意識が生じる。また、毎日の生活の中で怒りがなくならないことと、
怒りに執着する自分が許せない。このささいな心の争いが心の隅に残って気になり、
イライラが増してゆく。こうして怒りはさまざまな障害と心のねじれをもたらす。
怒りが収まって初めて、安らかに床につける。

釈迦が「ヴァトラブーよ」と呼びかける時、そこにあなたの名を入れ替えてみるとよい。
釈迦が、親しげに呼びかけてくれるのを感じるだろう。
「さあ、君は、怒りを減らしなさい。そうすると、今の悩みは消えてゆく。
もう、その人を許し、その人に、許しの光を送りなさい。」と・・・・・。
そうすると、あなたが救われる。怒りを収めて丹田を練り、ゆっくりと息を吐いて
心を静めてみるといい。どんな悪しき状況に置かれても、怒りを収め、許すことを覚えて
ゆくようにする。ボクシングの世界大会で解説の元チャンピオンが、体験を話していた。
リング上では怒った方が負ける。怒らせた方が勝つ。怒った人は理性を失い、
腕の振りも足なみも乱れてくるから、空振りが多くなると・・・・・。
あらゆる世界で怒りは、次のステップのチャンスを失う。

釈迦はさらに次のようにいわれる。
「怒らず、恨まず、欺(あざむ)かず、誹(そし)ることなく、
また戒(かい=いましめ、戒律)を保ち、良き友を得、良き知恵のある修行者は、
死んだのちに、来世で悲しむことはない」
怒りによって、人を傷つけたならば、次の転生に影響してくる。怒りは次の怒りを呼び、
来世でその怒りによる苦を自分が味わう。いつまでも怒りの業は消えず、
その与えた悲しみとつらさを深く味わうまで、業は追いかけてくるという。
ストレスと怒りは人の心のエネルギーを外に漏らしているのと同じだ、怒り、
不安になると、元気が失せ、寝込んでしまうことがあるように、
心のエネルギーが失われてゆくのを感じるだろう。
また、ガンは怒りによって発火する。人はみなガンの体質を持っているといわれる。
例えば、蒔きと紙だけで火がつかないように、ガソリンは怒りであり、
マッチはストレスである。 怒りとストレスは
マッチとなって激しい火を起こし、薪を燃やし細胞をガン細胞へといざなう。
北川八郎氏著 ブッダのことば「百言百話」より 立花敏伸氏HPより

天地の「気」というかエネルギーというのか、目には見えない今の物理学では測定できない何らかの力が有ることは確かだと思います。もっと素粒子とか、ブラックホールとか宇宙物理学が進むと少しづつ解明されていくと思いますね。このようなことを神秘的に考える必要は無いと思います。

ただ、自分の心の状態がこの天地の「気」のバルブになっていると私は確信します。心が安らかだとバルブが開いてプラスのエネルギーが入ってくるし、心が怒りや不安で乱れるとこのエネルギーの供給が少なくなり病気になります。完全にストップすると死にますね。

人生には苦しい時もあります。そういう時は思いっきりプラスの言葉を使って、塞ぐ心で閉まりがちなバルブを目いっぱい開きましょう。最終的には人は皆自分だけが頼りなのです。私は苦しい時こそこの天地の「気」をいっぱい取り入れるようにしています。

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓

posted by 仏光さん at 22:35| Comment(2) | 自我