2009年03月14日

心で生きる

私が若い頃は幸せとはその人が置かれている立場、条件の中に有ると思っていました。

「社長になって、お金や地位があって、自慢できる家族がいて、大きな家があって・・・・・」その中に幸せが有ると思っていました。

でも、それは大きな、大きな間違いでした。

人間はいくら財産や地位があっても、心が貧しくては決して幸せは感じられないのです。

物質的には貧しくても心が豊かであればいつも幸せな気持ちで穏やかに暮らすことができます。

そう、幸せは自分が置かれた立場や条件の中には無く、自分の心の中にあったのですね。

いくら自分が置かれた状況が厳しくても、心の置き所一つで同じ景色が地獄にもなり極楽にもなる。

心豊かに生きることが如何に大切か、今半世紀にわたる自分の人生を振り返り、しみじみと良い事に気づいたと思いますよ。

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓


posted by 仏光さん at 22:30| Comment(0) | 物事は必ず好転する

自分の使命

自分の使命を全く顧みることなく、欲の道にはずれると、
そのはずれた距離に応じて、いろいろと、苦と、虚しさに捕らわれる。

もし、いらいらが続き、いつも虚しい時は、自分の持って生まれた意味や使命や、
この目的から、遠くはずれていることを意味している。自分の使命を果たしているとき、
顔は生き生きとし、毎日は充実感に満たされ、たくさんの人の応援に出合う。
これだけはいえる。今世は、社長になり、また、お金持ちになり、自分の都合にだけ
生きるために、人としての生命を神から与えられたのではない。威張るために、
自己の勢力を張るために、人を苦しめても、自分だけはいい思いをするために
この世に来たのではないと断言できる。

私のこの小さな、九州の片田舎町に、そのことに気づき、独り歩む男性を知っている。
まだ若く、手さぐりだが郵政公社に勤め、それまでに、中学高校といつも失敗し、
笑われながら、人に喜ばれることを目指し、高校で誰も立候補しない生徒会長を自ら
選び、今も、山村に一人住むお年寄りを、暇にまかせて慰問し、声をかけ、さらに自分に
出来ることはないかと、手さぐりで素朴に生きている姿は、感動する。その若い人の、
周りに勇気を与え、純朴だが歩む力強さに、拍手を送ってしまう。
そういう人にめぐり会えて私は幸せである。 

北川八郎氏著 ブッダのことば「百言百話」より 立花敏伸氏HPより

私は人の使命は色々な過ちを犯しながらも、ついには人々のために尽くせる自分になることだと思います。その道から外れるといくら金や権力を握っても最後は悲しい、寂しい人生を送ることになります。そのような例は日本史、世界史にいっぱいあります。
だから、一日一日精進して、格好だけではなく本当に人のために尽くせる自分になれるよう願っていればいいのですね。

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓




posted by 仏光さん at 00:18| Comment(0) | 暗いままの明るさに生きよ