2009年03月10日

幸せに生きる8つの実践

お釈迦様は「人生は苦である」と見極められました。私は「なるほど真理だけど、それだけでは困るなぁ。もう生まれちゃっているんだから。」と正直思いました。それに対してお釈迦様は「これだけやれば人生ちゃんと生きられるよ」と言って8つの実践方法を教えています。つまりこれがお釈迦様が悟った「ちゃんと人生を生きる方法」なのです。この8つの実践方法を「八正道」と言います。それは次の通りです。

1. 「正見」・・・正しい見解
偏見や固定観念に固執せず原因と結果の関係を見極める。

2. 「正思推」・・・正しい考え
真実をありのままに正しく考える。

3. 「正語」・・・正しい言葉
うそ、間違ったこと、おべっか、悪口などを言わず、正しい言  葉を使う。 

4. 「正業」・・・正しい行い
盗み、無益な殺生、よこしまな行為をすることなく正しい行為をする。

5. 「正命」・・・正しい生活
規則正しい生活リズムを持ち、良い事は行い、悪いことは行わない。

6. 「正精進」・・・正しい努力
悟りを得るために怠り無く正しい努力をする。

7. 「正念」・・・正しい物事への取り組み方
正しい教えを心にとどめ、全ての行為をそのものになりきって雑念を交えず行う。(食べる時は食べるになりきる。働く時は働くになりきる。寝る時は寝るになりきって寝る。など)

8. 「正定」・・・正しい精神統一
正しく坐禅をする。  

なるほどこれだけ毎日やればちゃんと人生を生きられそうです。しかし「今すぐやれ」と言われてもすぐには誰もできません。

「禅」はこの八正道を日々の生活の中で行っていくための「教育システム」なのです。「教育システム」であるから良い先生につかなければなりません。先生が間違っていると間違った努力をして無駄な時間を過ごすことになります。お坊さんにならなくてもちゃんとした禅の修行ができるところがあります。「人間禅」というところで働きながら正しい臨済宗の禅の修行ができます。「人間禅」でウエブサイトを検索してみてください。

とはいえ、みんながみんな禅の修行はできませんから、この「八正道」を知って間違った事はしないようにする努力は各々ある程度はできるはずです。「こりゃ無理だ」と最初からあきらめない事。人生は一回しかありませんから、同じ人生を過ごすのなら、正しく過ごしてなるべく「苦界」の中で過ごしたくは無いものですね。放って置いたら「人生は苦」になっちゃうわけですから。

合掌
仏光
 
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓
  
posted by 仏光さん at 23:19| Comment(2) | お釈迦様