2009年03月04日

雨にも負けず (引用宮沢賢治)


雨にも負けず風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫なからだを持ち
欲はなく決していからず
何時も静かに笑っている
一日に玄米四合と味噌と
少しの野菜を食べ
あらゆる事を自分を勘定に入れずに
良く見聞きし判り
そして忘れず
野原の松の林の影の小さな萱葺きの
小屋に居て

東に病気の子供あれば行って
看病してやり
西に疲れた母あれば行って
その稲の束を背負い

南に死にそうな人あれば
行って怖がらなくて良いと言い
北に喧嘩や訴訟があれば
つまらないからやめろと言い
日照りのときは涙を流し
寒さの夏はオロオロ歩き
皆にデクノボーと呼ばれ
ほめられもせず、苦にもされず
そういう者に 私はなりたい。

私がまだ若い頃、この宮沢賢治の詩を読み「この人はいったい何を考えて生きているのだろう?人生を無駄に生きろということか!」と思ったことがあります。その頃は俗に言う立身出世が私のゴールでした。

それから、確かに私は経済的な余裕、物質的な豊かさ、社会的な肩書きをすべて手に入れました。十分すぎるくらい手に入れているにもかかわらず、「もっともっと」とあくせく生きていました。

手に入れた時には嬉しいのですが、すぐにそれが当たり前になり「もっと」と思うようになりました。決して穏やかな心で「自分は幸せだな〜」と感じたことは一度も無かったです。でも人より勝っていると思う優越感だけが生き甲斐みたいになっていました。

それが、急転直下苦しい思いをする期間が続く中で、初めて人の苦しさ、悲しさ、悔しさが判る人間になりました。また、そのころ出合った禅を通して人にとって何が一番大事であるかが分かった気がします。

今はこの「雨にも負けず」を見る度にこの詩の境涯の高さ、豊かさに感動を覚えます。そして今、「生きていて良かったなぁ」と心から思えます。

合掌
仏光
ランキング参加中。クリックをお願いします↓
仏光さんのバナー

コメントを送りたい方は下のCommentをクリックしてください。↓




posted by 仏光さん at 21:01| Comment(49) | 足るを知る